土地活用の方法で迷った場合には不動産鑑定士に相談しよう

住宅模型と電卓

中古を買う時の注意点

図面

杉並区で安く不動産を購入する方法としては中古物件を探すことです。杉並区内だけでも中古マンションの販売は数多くあります。しかし、安いものには裏があると言われるように中古マンションが安いのには当然理由があるわけです。中古というだけでも安くなる理由ではありますが、その物件の劣化具合によって修繕費に多額の費用を必要とすることもあるでしょう。どれだけ耐久度のあるマンションといえども老朽化によって必ず修繕が必要になってきます。国土交通省では新築から12年後には1度目の大規模修繕を行う目安として推奨されています。しかし、それは全ての物件が必ずしもその条件に当てはまるかというとそうではありません。建築物の構造であったり、天候などによって左右されることもあります。女性の天敵である紫外線が悪影響を及ぼすのは人だけではありません。マンションも同様に紫外線を浴びることで防水塗装などが剥がれ、そこから雨水が侵入することで劣化を早めてしまうことだってあるのです。そうなってくると国土交通省の推奨とする12年どころかそれよりも更に早い年数で修繕を行わなければなりません。

中古マンションは購入時に受けているダメージというのは、物件によって異なります。また、その中古マンションの建築方法によって耐久性や耐震性も異なり、それが修繕費に大きな影響を及ぼすことになります。杉並区でリフォームを前提として中古マンションを探すのであれば、大規模修繕でかかってくる費用の相場を調べましょう。そうすることでどの程度の中古マンションまでなら購入しても問題ないかと目安が絞りやすくなります。杉並区でのだい規模修繕を安く済ませるのであれば、ネットで大規模修繕の比較サイトを参考にみてみるとよいでしょう。